眠っても不眠症ってあるの?

意外と多い不眠症の原因

不眠症には様々な原因がありますが、意外と多いのが就寝前のカフェインの摂取によるものです。カフェインは興奮作用があるために眠りを妨げることがあるのはよく知られている事実です。しかし多くの人はカフェインを摂取しても問題なく眠ることができるために、いつカフェインの入ったお茶やコーヒーを飲んでも睡眠に大きな支障はありません。しかし体質は年齢とともに変化していくことがあります。参考にするなら不眠症対策119お助け部隊の情報が書いてあります。
以前はカフェインに対して体が何も反応しなかったものの、突然カフェインが体内で大きく作用するようになったという人は大勢います。この体質の変化に気づかず、お茶やコーヒーを就寝前に飲んでしまい、不眠症になってしまう人が意外と多くいます。たいていの場合、そのような人たちは夕方から夜にかけてお茶やコーヒーを飲まないようにすれば不眠症を解決できます。それで突然不眠症になってしまったという人は、まずお茶やコーヒーなどのカフェインの入ったものを飲まないようにし、それが原因であるかどうかを確かめることができます。